やってみよう終活
終活」を始めようとしている人や、
終活中」の人へ。

終活での葬儀・お墓・供養について

終活整理ということで一番最初に頭に浮かぶのが、このページで紹介する葬儀やお墓についてではないでしょうか?
もしもの事を考えた場合に一番身近にしなければならないことですので、この内容についてもご自身の希望を整理してエンディングノートなどに書き記したり、パソコンに保存しておくことが大事です。

葬儀について

葬儀について
葬儀については、非常に多くの伝えないといけない項目があります。
ご自身の希望通りに行えるかどうかは判りませんが、この葬儀についてと、この次に説明する埋葬やお墓などについては、その時にご自身が伝えることが出来ませんので、いろいろなことを整理して書いておきましょう。
葬儀とお墓、そして今後の供養は密接に関係しています。
葬式はどこそこで、お墓はどこそこで。ということで別々でご自身の理想通り進めれれば最良なのですが、特に入るお墓がお付き合いのあるお寺さんの場合、葬式と深く関わってきます。
そのあたりのことまで考えながら、一度、葬儀・お墓・供養などについて整理なさって下さい。

 

 

葬儀業社/冠婚葬祭互助会等の会員になっているかどうか。
もしなっているようであれば、会社名、連絡先、会員証の保管場所などを書いておきます。
葬儀の生前相談や予約などを行っているかどうか。
行っているようであれば、会社名、連絡先、契約書の保管場所などを書いておきます。
葬儀会社は、決定しているかどうか。
会員などに入っていなくても、葬儀会社などを決めている場合には、会社名、連絡先などを書いておきます。
葬儀の方法
家族葬か一般葬の選択が多いですが、その他には、密葬、社葬、葬儀をしないというようなこともあります。
葬儀形式
ご自身の宗教と関連してきますが、仏教、神道、キリスト教、無宗教、その他など。
決まった菩提寺や寺院がある場合
名称、連絡先、住所、宗派を書いておきましょう。
お通夜の場所
自宅、斎場、ホテル、その他などから。
葬儀/告別式の場所
自宅、斎場、ホテル、その他などから。
喪主や葬儀委員長を依頼したい人
決まっていれば、お名前を。
祭壇について
どのような祭壇にしてほしいのか希望があれば。
戒名について
戒名をつけて欲しい、不要、既にある。(すでにある場合には記載)
葬儀費用(予算)について
ご自身の預貯金で行う、家族に任せる、その他予算等についても伝えることがあれば書いておきましょう。
遺影
用意している場合には、保管場所を記載。
家族に任せる場合でも、ご自身で何点か写真を選んでおく。ということも最近増えてきています。
死装束
用意している場合には、保管場所を記載、用意していなくても希望があれば記載しておきます。
供花供物お香典など
いただきます、辞退します、家族にお任せします、お受けしますが寄付して下さい(連絡先)など。
棺桶に入れてほしいもの
何かありましたら記載しておきましょう。但し、副葬品として使用できないもの(素材)がございますので、ご注意下さい。
弔事
弔事を依頼したい人がいらっしゃれば、お名前、間柄、連絡先を書いておきます。
音楽
決まっているのであれば、曲名や保管場所の記載します。
会葬礼状
文面等を既に決めてご用意している場合には、保管場所などを記載します。
会葬礼品
すでに決めてご用意している、もしくは発注してもらう場合には、商品名や取扱会社名、担当者などの情報を記載します。
その他、葬儀における細かい希望やこだわりがあれば書き添えておきます。
特に無くても、上記項目と希望なし。と書いておくことで家族などが葬儀について悩むことを減らすことが出来ます。

 

 

→ どの親族・知人まで来ていただくのかなどは、人間関係ページで範囲をご検討下さい

 

埋葬・お墓について

埋葬・お墓について
お墓にまつわることも決めて書いておくと家族が楽になります。

 

埋葬/納骨
先祖代々のお墓、購入しているお墓、新しくお墓を建てて欲しい、永代供養墓/納骨堂/合祀墓にしてほしい、散骨、樹木葬など。
お墓の場所を決めている、わかっている場合には、霊園などの名称、住所、連絡先、墓地の使用権者を記載しておきます。
その他、墓地の管理(会社や組合)等の情報も書いておきましょう。
散骨については、色々な決まりもありますので、事前に調べておき、調べたことを書いておきましょう。

ついで、費用については、用意しているのか、残った預貯金から使うのか。などを書いておきます。
また、新しくお墓を作る場合にはお墓デザインや、墓碑銘の希望、建立場所希望などがあれば書いておきます。
副葬品についても希望があれば、書いておきます。
もし配偶者や子供が先になくなっていて、手元に分骨があり、一緒に埋葬して欲しい。と言うような場合には必ず書いておきましょう。

佛壇・供養について

佛壇・供養について
ここまでで葬儀、お墓の内容をとりまとめて一安心したいところですが、佛壇や供養についても希望を書いておきましょう。

 

佛壇
家の佛壇に祭って欲しい、新しく佛壇を購入して欲しい、お仏壇は不要。
新しく購入を希望の場合には、費用についても用意しているかなどを書いておきましょう。
佛壇を購入してほしい希望店などもあれば、書いておきます。

追悼儀礼

宗教の慣習にそって、行わなくて良い、家族などの判断で、希望なしなどから。

法要
お知らせする希望参列者の範囲。
何回忌まで行ってほしいか。
場所や費用などについての希望があれば。

不要や希望なし。ということであってもその旨を書いておきましょう。

 

供養については、ある程度までは、ずっと続きます。
ご家族にどのようにして欲しいのかをきっちりと書いておきましょう。

 

特集!! 

特集!デジタル遺品が危ない!

終活中の人は、こんな商品をチェックしています

掲載記事一覧

記事 No.1
エンディングノートについて
良く耳にするエンディングノートとは、一体どのようなものなのでしょうか?...

記事 No.2
物的財産について
今住んでおられる住居、もしもの場合残した荷物等をどうするのかを整理...

記事 No.3
金融資産について
資産と言っても負債も含めた金銭にまつわることをキッチリと整理してノート...

記事 No.4
パソコンについて
エンディングノート作成をパソコンで行われている方も結構いらっしゃいま...

記事 No.5
人間関係について
終活を行っていく際に、人間関係の整理は重要です。ご自身の人生の中で...

記事 No.6
健康/医療について
現在のご自身の健康状態、そして入院などの時どのように対応してほしい...

記事 No.7
葬儀/お墓について
葬儀については、非常に多くの伝えないといけない項目があります。ご自身...

記事 No.8
自分について
今までのご自身の人生を振り返ったり、また身近な登録情報を書き記す...

記事 No.9
ペットについて
非常に悩ましいのが大切にしているペットです。もはや家族と言っても良い...

記事 No.10
相続/遺言について
相続といいますと、私には、これと言って特に何か資産のようなものはない...

記事 No.11
実際の行動について
先にエンディングノートを書かれている場合や、エンディングノートを作成し...

掲載記事一覧

記事 No.1
エンディングノートについて
良く耳にするエンディングノートとは、一体どのようなものなのでしょうか?...

記事 No.2
物的財産について
今住んでおられる住居、もしもの場合残した荷物等をどうするのかを整理...

記事 No.3
金融資産について
資産と言っても負債も含めた金銭にまつわることをキッチリと整理してノート...

記事 No.4
パソコンについて
エンディングノート作成をパソコンで行われている方も結構いらっしゃいま...

記事 No.5
人間関係について
終活を行っていく際に、人間関係の整理は重要です。ご自身の人生の中で...

記事 No.6
健康/医療について
現在のご自身の健康状態、そして入院などの時どのように対応してほしい...

記事 No.7
葬儀/お墓について
葬儀については、非常に多くの伝えないといけない項目があります。ご自身...

記事 No.8
自分について
今までのご自身の人生を振り返ったり、また身近な登録情報を書き記す...

記事 No.9
ペットについて
非常に悩ましいのが大切にしているペットです。もはや家族と言っても良い...

記事 No.10
相続/遺言について
相続といいますと、私には、これと言って特に何か資産のようなものはない...

記事 No.11
実際の行動について
先にエンディングノートを書かれている場合や、エンディングノートを作成し...